【DX実現への道筋】~2025年の崖にどう対応すべきか~(12/12東京・12/16大阪・12/17名古屋)

DX_follow_seminar_banner.png

デジタルトランスフォーメーションの実現には、業務システムを「論理モデル」と「物理モデル」に分けて整理することが有効です。
「論理モデル」は業務とデータを見える化し、新しいビジネスモデルへの即応性とブラックボックス化を防止します。
「物理モデル」は、「論理モデル」を元に業務システムを超高速に開発し、激変するビジネスモデルに対応し続けます。
本セミナーでは、ユーザー企業様向けにDX推進の具体的な対応方法をご紹介いたします。
ご多忙とは存じますが、ぜひご来場いただけますようお願い申し上げます。

JBCC株式会社

アジェンダ

14:05 - 15:05【論理モデルSessin1】業務、データの見える化

Logical_Session1.png

AIやRPAなどによる業務改善が叫ばれてますが、全体最適の視点で業務改善を実施するためには業務手順や管理データの見える化が有効です。
業務手順や管理データの見える化の最適解を具体的にお話しいたします。

SIイノベーション事業部 佐藤 秀憲

15:20 - 15:50【論理モデルSession2】既存ドキュメント活用基盤構築による見える化

Logical_Session2.png

現在、ドキュメントはどのように管理されているでしょうか。
Notesやファイルサーバーでの運用に困難さを感じていないでしょうか。
本セッションでは業務フローと既存ドキュメントの活用による運用効率化について具体的にお話いたします。

SIイノベーション事業部 高橋 俊夫

16:05 ~ 16:55【物理モデルSession】「やりたい」をすぐ形に!要員育成も可能にする高速開発

Physical_Session1.png

DXを軸に、市場をリードするためには「やりたい!」をスピーディーに実現することが重要です。手組では間に合わない変化への対応には高速開発を実現できるツールを採用する必要があります。
また、ツールだからこそ実現できる属人性の排除やマルチプラットフォーム対応などの実態をお話いたします。

SIイノベーション事業部 小西 可奈子

日程・会場のご案内

東京 2019年12月12日(木) 14:00~17:00(受付13:30)

会場:JBCC蒲田事業所
   東京都大田区蒲田5-37-1 ニッセイアロマスクエア15F

アクセス:JR「蒲田駅」東口より徒歩約3分
     東京急行「蒲田駅」より徒歩約5分
     京浜急行「蒲田駅」西口より徒歩約7分

東京のお申込みはこちらから

大阪 2019年12月16日(月) 14:00~17:00(受付13:30)

会場:JBCC新大阪事業所
   大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪トラストタワー13F

アクセス:JR「新大阪駅」から徒歩10分
     地下鉄御堂筋線「新大阪駅」4番出口から徒歩3分

大阪のお申込みはこちらから

名古屋 2019年12月17日(火) 14:00~17:00(受付13:30)

会場:JBCC名古屋NHK事業所
   愛知県名古屋市東区東桜1-13-3 NHK名古屋放送センタービル17F

アクセス:JR「名古屋駅」より地下鉄 東山線、名城線「栄駅」4番出入口から徒歩3分
     名鉄瀬戸線「栄町駅」9Aあるいは9B出入口から徒歩3分

名古屋のお申込みはこちらから

お問い合わせは、各拠点ごとにお願いします。
・東京お問い合わせ  xupper@jbcc.co.jp
・大阪お問い合わせは jbcc-eisui@web.jbcc.co.jp
・名古屋お問い合わせ crccent@web.jbcc.co.jp

※事前登録制です。定員等の理由により、お申し込みをお断りさせていただく場合がございます。
 また、同業他社様・個人のお客様からのお申し込みはご遠慮頂く場合がございますのでご了承ください。