【DX推進セミナー2020】DX時代の自社開発体制(9/18 オンライセミナー)

DXSemnar2020-918.png

これまではDXと言っても抽象的で、先進的な企業が実験的に進めている印象がありました。しかし昨今のコロナ禍により、DXを適用すべき箇所が具体的になってきたのではないでしょうか。DXは一部企業のものではなく、一般的になりつつあります。次に課題となるのがDXに対するIT部門の適応力と生産性です。
本セミナーは、CEOやCIO、CDOなどDXを推進するお立場の方を対象にDX推進に向けた自社開発体制の具体的な姿をご提案いたします。

当セミナーのお申込みは締め切りました。

JBCC株式会社

アジェンダ

15:05 - 15:50【DX推進セッション】DXの現状と今後必要になること  ~ 脱レガシーの現実解 ~

業務システムのデジタライゼーションと比べてメインシステムの状況はどうなってるでしょうか。
メインシステムが足かせとなってDXの推進不全を起こしてはなりません。メインシステムの脱レガシーについて現実解をご提案します。

ーーー
講師:JBCC株式会社 顧問 中野 恭宏

15:50 ~ 16:10【上流内製セッション】設計情報管理の内製化 ~ 本当に自社管理が必要な情報とは ~

単純にすべての開発作業を内製化することは難しく、計画しても絵に描いた餅に成りかねません。
このセッションでは現在ユーザー企業が抱える「外注依存体質からの脱却」「スムーズな世代交代」「効率的な要員配置」「自社で管理する対象の明確化」などに対する一つの解として、範囲を限定して設計情報管理作業を内製化する方法についてご提案します。

ーーー
講師:JBCC株式会社 SIイノベーション本部 部長 戸田代 武

16:10 ~ 16:30【開発内製セッション】環境変化に強い内製開発 ~ ローコード開発で内製力強化 ~

コロナ禍により、経営・現場からのシステムに対するニーズは急速に高まっています。不確実性が高い現代において、「ニーズを早期にシステム化する体制作り」は必要不可欠と言えるでしょう。
このセッションではGeneXusによる「手組では実現できない生産性」「従来言語にはない習得性」「開発要員不足問題の解決」「 ITの変化に対応する将来性」をお伝えします。

ーーー
講師:JBCC株式会社 SIイノベーション本部 福士 宏明

日程・会場のご案内

日程 2020年9月18日(金) 15:00~16:40(開場 14:30)

お申込締切 9/16(水)

開場 Zoom

当セミナーはZoomによるWebinarです。
お申込みいただきましたら1週間前と前日に接続方法をご案内します。

お問合せ
ご不明な点がございましたらメールにてお問合せください。
xupper@jbcc.co.jp
お断り

アジェンダ、講演時間を変更する場合がございます。ご了承ください。
事前登録制です。
お申込み多数の場合や
同業他社様・個人のお客様からのお申し込みはご遠慮頂く場合がございます。ご了承ください。