超高速開発事例セミナー2016を開催します (2016/10/27開催)

超高速開発事例セミナー

~スピード経営時代の要望に応える開発手法のご紹介~ 

2016年10月27日(木)

ビジネス環境変化の激しさが増す中、情報システムのスピーディな対応が求められています。
システムの保守・運用にかかる負荷や、コスト負担が大きく、攻めのIT投資・企画へと手が回っていない状況ではないでしょうか。また、開発・保守のスピード向上/コスト削減のために内製比率を高めようとしても、さまざまな要求や、IT環境の変化への対応、保守体制など懸念事項があり、進みにくい実情があると考えます。

これらの課題を解消するため、開発保守を高品質・スピーディに対応できる超高速開発ツール/手法が既にあります。
本セミナーでは、開発の標準化/要件定義/設計工程の品質向上を実現する「Xupper」、製造工程の自動化を実現する「GeneXus」のご紹介と導入事例、そしてこれら高速開発ツールを活用した弊社独自の開発手法についてご紹介いたします。ご多用中とは存じますが、是非ご参加くださいますようお願い申しあげます。

JBCC株式会社
日時 2016年10月27日(木)
13:30~17:00 (受付 13:00~)
会場 アルカディア市ヶ谷(私学会館) 5階 大雪の間
費用 無料
アジェンダ
【講演1】
『ソフトウェアエンジニアリング活用によるN字型開発ソリューションの提言Ⅱ』
   ~ Xupper設計リポジトリ活用による品質向上活動コンセプト
講師:JBCC株式会社 ソリューションマネジメント事業部 エグゼクティブ・プロジェクト・マネージャー 森下 隆治
内容

ITプロジェクト成功率は上がっていると言われているが,長期間・大規模の場合低い傾向であり開発手法・管理方法に多くの課題がある。 依然として上流工程から下流工程へのトレーサビリティが取れなく多くの問題を抱えている。課題を解決するためのソフトウエアエンジニアリング適用の有用性をPM視点で適用事例を上げて評価し,SI開発におけるエンジニアリング適用最適化並びにリバースとⅤ字モデルを統合したN字型開発ソリューションとして提言する.

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【講演2

高速開発ツール 『GeneXus』のご紹介
  ~ GeneXusが選ばれる理由 ~

講師:ジェネクサス・ジャパン株式会社 常務取締役 営業本部長 高橋 孝明 様

内容
近年、従来の開発・保守手法は限界と感じ、その限界を打ち破るために「超高速開発ツール」の導入に取り組む企業が飛躍的に増えました。超高速開発ツールとして代表的な製品であるGeneXus。
本セミナーではGeneXusの生い立ちや特長をご紹介することは勿論、数ある超高速開発ツールの中から何故GeneXusが選ばれているのか?をデモを交えご紹介させていただきます。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【講演3】

『JBCCがご提供するアジャイル開発手法』
  ~ 変化に俊敏に対応するJBCCアジャイル開発手法のご紹介 ~

講師:JBCC株式会社 SIイノベーション事業部 SIイノベーション本部 本部長  川上 明治
内容

「アジャイル開発は企業向けシステム開発には向かない」こんなイメージをお持ちではありませんか?。ビジネス環境の変化が激しさを増す中、IT部門においても経営から変化に俊敏に対応し「儲かるシステム」の実現を求められていることと思います。本セッションではアジャイルの良さを活かしつつ、独自に"進化"させたJBCCアジャイル手法を導入事例を交えご紹介いたします。


主催 JBCC株式会社

特別セミナーお申し込み

お問い合わせはこちらからお願いします。

お電話の場合は下記よりお願いします。
TEL:03-5714-5270

※事前登録制です。定員等の理由により、お申し込みをお断りさせていただく場合がございます。
 また、同業他社様・個人のお客様からのお申し込みはご遠慮頂く場合がございますのでご了承ください。