上流工程支援ツール「Xupper」

システム開発・再構築プロジェクトを成功へ導くために

Xupperとは

上流工程における達人ノウハウのテンプレート

上流工程は難しいと言われますが、うまく取りまとめる事ができる達人がいます。彼らは経営や事業部門から抜け漏れなくヒアリングや調査を行い、矛盾を明らかにし、摺合せを実施します。
要求を実現する手段としてITは複雑化の一途を辿ってますが、同時に取りまとめる情報も複雑になっており、ますます達人が必要な状況です。しかし達人を見つけるのは難しいですし、一朝一夕には育ちません。
Xupperとは、普通の方が上流工程を完遂できるよう達人たちのノウハウを集めた上流工程支援ツールです。

xupper_1.png

システム開発プロジェクトを成功に導く

システム開発プロジェクトにおける上流工程の重要性は異論のないところだと思います。

上流工程とは要求・要件を矛盾なく整理し、システム化要件・設計としてまとめる工程です。担当者は要求・要件の矛盾点を見つけ出し調整する必要があります。また、設計情報を開発者に正確にスムーズに引き継ぐ必要があります。

このときに重要なのが、関係者とのスムーズなコミュニケーションです。スムーズなコミュニケーションを実現するためにビジネスフロー図やデータモデル図などの図面言語を多用することになります。Xupperとは、それらの整合性を確認でき正確な情報によるコミュニケーションを目的とした上流工程支援ツールです。

xupper_2.png

業務とデータを一元管理できる

業務分析、可視化で重要なドキュメントは主に業務フロー図です。業務マニュアルやヒアリングなどで得たビジネスルールを元に記述します。システムの設計・分析で重要なのはディクショナリとデータモデルです。ビジネスルールを元に定義し、マトリックス(CRUD)で整合性を確認します。
Xupperとは、プロセスモデルとデータモデルをデータベース(リポジトリ)に格納し整合性確保を目的とした上流工程支援ツールです。

xupper_3.png

Xupperはこんな課題を解決します

整合性を確保した設計、効率的な保守

Xupperは2種類の整合性確保を支援します。

1つは経営・事業部門の要求・要件とシステム設計の整合性です。要求・要件を考慮した設計の有無をトレース可能で、考慮した設計がない場合はそれで良いのか、検証のきっかけとなります。

もう1つはシステム設計自体の整合性です。あるデータの新規登録機能が複数箇所で設計されているとしたら、それは正しい姿なのか。あるデータについて、ある設計では7桁、別の設計では8桁といったことはないか。データを正確に流通させるには様々な考慮が必要ですが、Xupperには整合性を確認するための様々な検索機能が備わっており、整合性を確保しつつ保守が可能になります。

属人化の排除

Xupperでは、やるべきことが機能として準備され、記載する箇所がある程度規定されています。

また、調査・設計の進め方の基準もあります。穴埋め問題のように必要な情報を収集し、記述・作図することで誰もが同じように作業を進められます。

やるべきこと、記載する箇所が統一されるため、自分以外の担当箇所でも読みやすくなり、特定の誰かでないとわからない事項の発生を抑制し属人化を排除します。

知識継承

汎用オフィスツールで設計ドキュメントを作成した場合、修正コストが高く、結果としてメンテナンスされなくなる傾向があります。修正コストが高くなる理由は、最新のドキュメントが不明になる、運用期間が長くなるに伴いドキュメントの種類、フォーマットがバラバラになるなどです。

Xupperを利用すると常に最新のドキュメントを閲覧でき、ドキュメントの種類、フォーマットが不揃いになることもありません。書きやすい読みやすいといった特徴もあるためドキュメントの保守を継続でき、最新のドキュメントを先輩から後輩へ、前任者から後任者へ効率的に引き継ぎできます。

課題から探す

機能

ビジネスフロー

業務を可視化し整理するために使用します。業務手順改善の検討、業務担当部署の検討、RPA適用箇所の検討など、業務の可視化を必要とする場面はさまざまあります。
Xupperのビジネスフローは、汎用オフィスツールに比べて書きやすさ、修正しやすさに優れます。また、業務定義、画面・帳票設計へのポータルの役割も持っており、業務とシステムの関係を俯瞰的に把握可能となります。

xupper_4.png

ディクショナリ

業務システムの各機能はデータで繋がりますので、ディクショナリ(用語辞典)が整理されていることが重要です。また昨今では他システム連携、クラウドサービスとの連携も管理しなくてはなりません。
Xupperのディクショナリ管理は論理項目名、物理項目名の他に正式名を持っており、工夫しながら自社システム内のディクショナリ管理だけでなく、他社システムなどとのI/F項目の管理も目指せます。

マトリックス(CRUD)

ビジネスフローで業務(プロセス)を洗い出しますが、該当業務が読み書きするエンティティのCRUD(Create, Read, Update, Delete)を定義可能です。
Xupperは各業務で定義したCRUDを自動的に収集し一覧表示可能です。業務の役割を俯瞰的に把握可能となり、整合性の取れた業務・システム設計を推進します。

xupper_5.png

要件管理

システム開発・再構築プロジェクトのオーナーにとって、依頼事項がどこまで検討されたのか、依頼事項と開発対象がどのように関連するのかを確認することは重要事項です。
XupperⅡは、要件と検討結果としての設計情報を紐付けでき、レポートが可能です。

xupper_6.png

製品体系・機能のご紹介

Xupper体験版について

■コラム

 3つの見える化

 方法論

JBCCが選ばれる理由

JBCCの強みはXupperの開発元であることです。
Xupperの導入サポートはもちろん、お客様が実現したいこと、ご利用人数や期間、ご予算などに合わせてご提案いたします。
Xupperの代表的なご利用目的は次のとおりです。

次期システムを企画する等のため現状分析したい
知識継承等のため業務・システムを可視化し共有したい
属人性排除等のためドキュメントを標準化したい
設計精度・効率を向上させたい
保守効率を向上させたい

Xupperは業務とシステムを繋ぐリポジトリ(データベース)であり機能は多岐にわたりますが、社内に根付かせるには段階的な導入が必要になるかも知れません。
お気軽にご相談ください。