Xupper機能関連図

機能関連図

  • Standard機能関連図
Standard機能関連図

Standard版は主にシステム開発チームの作業担当者(分析者や設計者)を対象とした製品です。 Xupperでシステム設計を行う際に必要となる基本的な機能を全て完備しています。 Standard版の主な機能は次の通りです。

ビジネスルール、ビジネスフロー図、エンティティ関連図、ディクショナリ、マトリックス分析、 プロセス階層図、デバイス設計、GUIフォーム設計、クロスリファレンス、リポジトリ検索、 ツールナビゲータ、オブジェクト・ナビゲータ、システム差分検査

  • Advanced機能関連図
Advanced機能関連図

Advanced版は、システム(リポジトリ)管理者の機能が充実している点が特徴です。 例えば、Xupperで作成した複数のリポジトリを統合する機能(リポジトリの統合)や、 データ項目名が命名ルールに従っているかを検査したり、 物理名を自動生成する機能(データ管理者支援機能)です。

また、設計機能としてはStandard版の機能にDLCP(Data Life Cycle Procedure)機能が追加されています。 Advanced版は、各チームに1ライセンス程度、管理者レベルの方を対象とした製品です。

製品体系・機能

Xupper製品体系と機能

表中の記号について・・・(○:編集可能 、 △:参照可能 、 ×:実行不可)

機能XupperXupper
体験版
AdvancedStandardBFD PlusViewer
要件管理機能
ビジネスフロー図
ビジネスルール
プロセス階層図
エンティティ関連図
ディクショナリ
デバイス設計
GUIフォーム設計
マトリックス
ツールナビゲータ
オブジェクト・ナビゲータ *2
リポジトリ検索
システム差分検査
クエリーAPIサンプル*1
DLCP
データ管理者支援機能 × × × *3
リポジトリ統合 × × × *4

*1:クエリーAPI サンプルは、Xupperのリポジトリを取得するクエリーAPI を使用して作成されているサンプルプログラムで、Excel ファイルとして提供しています。

*2:ビジネスフロー図に関係するオブジェクトの編集機能、管理機能のみ実行できます。
*3:表示できるフィールドの件数に制限があります。150件までです。
*4:コピーできる件数に制限があります。

その他の機能

Xupper関連製品

TQCAccist

Xradian

REVERSE COMET i 連携