要件管理機能

システム品質の観点だけでなく、内部統制の観点からもユーザ要求がシステムに正しく反映されていることを保証する必要があります。 Xupperの要件管理機能では、ユーザ要求の管理・分析およびトレースが行えます。 ユーザ要求をXupperのリポジトリに登録し、要求を各要件に細分化したり再分類したりでき、最終的にシステムの実装機能とも対応付けることができます。 これらの関係をグラフィカルに表示させることもでき、ユーザ要求のトレーサビリティの保証に役立ちます。

XupperII

製品情報

  • ユーザ要求(ニーズや問題点)
  • 対応する要件(解決策)
  • 実装(解決策を実現するための【プロセス・画像・帳票】)

上記の関係を管理できます。また、これらの変更に伴う影響範囲が追跡できます。