デジタルトランスフォーメーション(DX)をもっと身近に、実践的に

DX 20200318.png

DX実現に向けて

DXでは新しいビジネスをデジタルで実現する事になる

なぜデジタルで実現するのかと言えば、従来型ビジネスの進め方と比較して競争上の有意性を確立しやすいからです。デジタル型ビジネスでは、データ活用による事業状況の分析や検索、それらから得られる気付きにより素早く経営判断出来るようになることが期待されます。

経済産業省が発表した「DXレポート 2025年の崖」では、既存システムをレガシーシステムと呼び、DX実現への「足かせ」と断じました。長期に渡り積み重ねて開発してきたことによる理解、利用の難しさ、ブラックボックス化によりデータ活用やシステム改修が不可能または高コストとなっている事を問題としています。
情報がコンピューターにあっても、検索や分析が出来ないのではデジタル情報とは言えません。

DX実現に必要なのは次の2点ではないでしょうか。

1.経営部門と事業部門、開発ベンダーを含むIT部門の三者間で意思や課題を齟齬無く共有すること
2.レガシーシステムの問題を段階的かつスピーディーに解消すること

そしてこれらを解決するキーワードがデジタルではないでしょうか。
デジタルな情報とは検索や分析が可能で、利活用しやすいものと言えます。

DX推進体制のご支援

DX実現に必要な2つの要素

1.経営部門と事業部門、開発ベンダーを含むIT部門の三者間で意思や課題を齟齬無く共有すること
2.レガシーシステムの問題を段階的かつスピーディーに解消すること

1は要求・要件や、業務とデータの関係を見える化することでお互いに理解し合うことが重要です。関係者のスムーズなコミュニケーションを実現するには、高精度でスピーディーな上流工程ドキュメントの開発と、整合性を保ったままの改修が必要です。
業務とデータの一元管理を実現する、Xupperをご提案します。

ご参考:上流工程支援ツール「Xupper」

2は開発スピードと精度が重要です。どちらも究極的には内製開発が有利です。
IT技術は常に進化してきましたが今後も進化し続けると思われます。かつてのホストシステムやC/Sシステムの例がある通り、内製開発にはスキルのレガシー化がリスクとなります。
高速開発と開発要員の早期育成、IT技術進化への継続的な対応を実現する、GeneXusをご提案します。

ご参考:ローコード開発ツール「GeneXus」