EOSのまえに、ユーザーが"いま"知っておきたい!【IBM i 資産活用セミナー】 資料ダウンロードはこちらから


ファイル1
活用1 IBM i 資産の解析・見える化 「REVERSE COMET i」(4.9MB)
ファイル2
活用2 ー業務改善の準備作業ー 業務の見える化 「Xupper」(4.4MB)
ファイル3
活用3 IBM i 資産をAI、BIでもっと活用 「CloudAI」「Cloud解析」(91.0MB)

事例チラシなどの各種資料のダウンロードはこちらから


ファイル1
GeneXus事例|学校法人高宮学園 代々木ゼミナール様(836.3KB)
メインフレームからオープンシステムへ全面刷新| 脱COBOL の新たな開発環境として「GeneXus」を採用

【エバンジェリスト講演】ビジネス要求に俊敏に対応するJBCCアジャイル開発手法 資料ダウンロードはこちらから

※本資料は、2018/10/11に開催した「JBCCアジャイル開発事例セミナー」セッション2のレビューとなります。


ファイル1
【エバンジェリスト講演】ビジネス要求に俊敏に対応するJBCCアジャイル開発手法|JBCC 川上明治(574.1KB)

JBCCアジャイル開発事例セミナー2018 資料ダウンロードと動画視聴リクエストはこちらから


ファイル1
セッション1 高速開発ツールの利用を前提とした上流工程について(3.6MB)
ファイル2
セッション2 ビジネス要求に俊敏に対応するJBCCのアジャイル開発手法(2.7MB)
ファイル3
【特別講演】アジャイル開発で基幹システム再構築 ~1年半で700機能の移行を実現~|学校法人高宮学園 代々木ゼミナール 情報システム部 部長 加藤 建人氏(2.4MB)
実践!GeneXusによるシステム開発KB

書籍「実践!GeneXusによるシステム開発」で利用するサンプルプログラムです。
書籍を購入された方は、こちらからダウンロードしてください。

※サンプルプログラムを利用するためのライセンスをお持ちでない場合は、以下より体験版をお申込みください。
https://agile-x.jbcc.co.jp/genexus-trial/index.html


ファイル1
書籍「実践!GeneXusによるシステム開発」サンプルプログラム(6.6MB)

上流工程虎の巻セミナー 資料ダウンロードはこちらから


ファイル1
session1 上流工程の手順(3.9MB)
ファイル2
session2 上流工程への Xupper 適用 ~トップダウン分析とボトムアップ分析~(2.1MB)

事例チラシなどの各種資料のダウンロードはこちらから


ファイル1
Xupper事例|株式会社明治座様(1.3MB)
明治座のシステム開発上流工程を支えるXupper|「分かりやすいモデルを表記できる唯一無二のツール」と高く評価
ファイル2
Xupper事例|ジュピターショップチャンネル株式会社様(1.1MB)
テレビ通販会社の基幹システムを長年支え続ける「Xupper」|開発・保守の工数削減とデータ品質の向上に効果を発揮

事例チラシなどの各種資料のダウンロードはこちらから


ファイル1
GeneXus事例|学校法人高宮学園 代々木ゼミナール様(836.3KB)
メインフレームからオープンシステムへ全面刷新| 脱COBOL の新たな開発環境として「GeneXus」を採用
ファイル2
GeneXus事例|株式会社トーマネ様(1.6MB)
オフコンからオープンシステムへリプレース| 「GeneXus」を開発基盤として内製化を実現
ファイル3
GeneXus事例|株式会社千葉銀行様(961.0KB)
20年以上使い続けたEUCアプリケーションを刷新|開発の容易さとコスト削減効果から「GeneXus」を積極的に採用

体験版について

ご利用にあたっては、以下のページをご参照ください。

体験版システム要件

1. Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8/8.1 、Windows 10(Windows 8/8.1、Windows 10は、デスクトップモードで動作します。)。
※ Windows Server 2003/2003 R2、Windows Server 2008/2008 R2、 Windows Server 2012/2012 R2 では、Xupper 体験版をインストールできません。 また、リモートデスクトップサービス(ターミナル サービス) で、Xupper体験版 を 使用することもできません。
※ x64ベースの 64ビット Windows Vista、Windows 7、Windows 8/8.1、Windows 10 では、 WOW64(32bit x86 エミュレータ)環境での実行をサポートします。 (ia64 Itanium ベースのWindowsはサポート対象外です。) Xupper自身は、32bitアプリケーションですので以下の制限があります。 (1) 64bit Office 2010/2013 では、XupperのクエリーAPIを使用できません。 クエリーAPI、クエリーAPIサンプルアプリケーションをExcel 2010/2013で実行する場合は、 32bit のExcel 2010/2013 が導入されている必要があります。

2. Intel Pentium互換プロセッサ、1GHz以上(推奨2GHz以上)

3. ディスプレイ 解像度が 1024x768 以上のモニタ

4. Windows Vista/7/8/8.1/10の場合 1GB以上(推奨 2GB以上)のRAM

5. Xupperインストール領域として300MB以上 の空き容量のあるハードディスク (インストール後に作成するデータベースファイルと文書ファイルの容量は含んでいません。) Xupper の リファレンスマニュアル、チュートリアル、新機能解説などは、PDF 形式のファイルです。 PDF 形式のファイルは、Adobe Acrobat Reader DC で表示、印刷することができます。 Xupperの リファレンスマニュアル、チュートリアルを実行するには、 Adobe Acrobat Reader DC が必要です。

Xupper体験版について

Xupper Advencedと同じ機能を、30日間の期間限定でご評価いただけるものです。 サンプルシステムも同時にセットアップされますので、すぐに使用することができます。 体験版のダウンロードは「Xupper体験版申込フォーム」よりお申し込みください。

注意事項

既に製品版のXupper II、XupperII Desktop版を導入されている環境には、XupperII体験版は導入できません。また、既に導入されているSQLBaseデータベースとXupperII体験版は同時に使用できません。


ファイル1
Xupper 体験版(133.6MB)
Xupper 体験版 Ver11.3.0.0